メール受付

名古屋市八事駅の矯正治療・歯周病治療・インプラント治療

9:30~13:00/14:30~19:00
休診日:木曜・日曜、一般歯科は平日午後休診

マイクロスコープ治療 歯への負担は最小限に、結果は最大限発揮します

マイクロスコープの普及率(導入率)は5%前後。
ではなぜ、手術用顕微鏡下で治療を行うのか?

日本の場合、普及率(導入率)は5%前後と言われているマイクロスコープ。歯医者で手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使っているの?と驚かれる方も少なくありません。

もともとは、耳鼻科や脳神経外科など医科領域で普及が進んでいたマイクロスコープが、やがて歯科分野で応用されるようになりました。使用しても保険点数に加算されるわけではなく、機械が高額です。

そんなマイクロスコープを高田兄弟歯科医院では、このマイクロスコープを2台導入しています。なぜ保有しているのか?

マイクロスコープ

見えないものが見えるようになる

下記写真をご覧ください。マイクロスコープを通して見ることで、ここまで拡大して見ることができます。

裸眼で見たとき

裸眼で見たときのイメージ

マイクロスコープを通して見たとき

マイクロスコープを通して見たときのイメージ

裸眼で認識できるのがミリ単位だとすれば、マイクロスコープを使用することでミクロン単位で認識できる。それくらい緻密な治療を可能にしてくれるため、裸眼では見えないものまで見えるようになるのです。

治療のイメージ

虫歯治療を例に見てみましょう。虫歯治療の場合、虫歯の取り残しがないように周辺も含めて削ることになりますが、マイクロスコープを使えば、虫歯をピンポイントで削ることができ、虫歯になっていない歯をできるだけ残すことが可能になります。

裸眼の場合

裸眼で治療した場合のイメージ

マイクロスコープを通した場合

マイクロスコープで治療した場合のイメージ

歯を削る量が最小限に!!

自身の歯を残すことで、抜歯の確率も下がります。歯は再生できないからこそ、いかに残せるかが重要です。 高田兄弟歯科では、日常的にマイクロスコープを使用しています。ミクロン単位で作業ができる分、より高度な技術が必要となってきます。マイクロスコープ治療には専用の器具の使用や特殊なトレーニングを行っていなければ使いこなすことが難しいです。高田兄弟歯科では、マイクロスコープ使用歴10年のドクターが治療しております。

マイクロスコープのメリット

拡大して見えることでのメリットは、下記の3点が挙げられます。

①歯の根っこの治療の成功率が向上

根っこの治療では、非常に細かく複雑な根管部の治療が必要となります。その複雑さゆえ、裸眼ではほぼ手探りの治療となります。しかし、マイクロスコープを使用することで、根管内を拡大して見ながら治療ができるため、治療の成功率が向上しました。

保険治療での失敗例

保険治療での根幹治療の失敗例

マイクロスコープを使った治療

マイクロスコープを使った治療

通常ならば、「この歯は根の病気なので抜かないといけません」と言われるような歯でも、マイクロスコープによる精密な根管治療を行うことで、抜かずに残すことも可能です。抜歯したくないとお考えの方は、ぜひお問い合わせください。

②虫歯になっている歯だけを削ることができる

虫歯治療での最大の利点は、虫歯になっている歯だけを削ることができることです。先ほどもお伝えしましたが、裸眼であれば、虫歯の取り残しが無いように虫歯の周辺も含めて削ることになりますが、マイクロスコープを使えば、虫歯になっていない歯をできるだけ残すことが可能になります。

また、詰め物やかぶせ物を装着する際に、土台となる歯の表面に凸凹が多いと、そこに虫歯菌が繁殖しやすくなるため、虫歯が再発しやすくなります。マイクロスコープを使って凸凹が残っていないかをチェックすることで、再治療になるリスクを最小化することができます。

マイクロスコープで治療した場合のイメージ

③審美治療で歯肉下まで形成でき、より自然で美しい歯肉を実現することが可能

例えば、治療したことで歯と歯肉の境目が黒ずむ、というお悩みをよくお聞きします。これは、かぶせ物をかぶせる際に、土台となる歯の形成(形をととのえる)が不十分な場合起こりやすい問題です。

歯と歯肉の境目が黒ずんだ場合

マイクロスコープで丁寧に治療した場合

術前
術前

術直後
術直後

予後1年
予後1年

マイクロスコープを使って確認することで、このような問題を防止することができます。歯の形成が十分に行うことができ、術後メンテナンスを行えば、下がった歯肉も綺麗に形成することができ、より自然で美しい歯肉を実現することが可能です。審美治療には、自然で美しい歯肉も不可欠な要素です。