メール受付

名古屋市八事駅の矯正治療・歯周病治療・インプラント治療

9:30~13:00/14:30~19:00
休診日:木曜・日曜、一般歯科は平日午後休診

入れ歯治療

はずれにくい、痛くない、しゃべりやすい入れ歯について

「ポリグリップを持ち歩かないといけない…」「食事をすると食べ物がはさまるので、めっきり外食しなくなった…」「噛むと痛い…」「しゃべりにくい、歌いにくい…」

初めて当院にお越しいただいた、入れ歯を使用されている患者さんからは、このようなあきらめまじりの不満をよくお聞きします。結局、入れ歯を使わなくなってしまう方も少なくありません。では、これらの問題は解決できないのでしょうか?答えは、ほとんどのケースが解決できる、です。

入れ歯のイメージ

残念ながら、保険で作る入れ歯は、洋服に例えると「S、M、L」などの既製服です(やや極端な例えですが)。

一方、自費診療で作る入れ歯はフルオーダーメイドです。つまり、患者さんのお口の中の形態をどれだけ精密に測定(型取り)できるか、どのような素材(保険の入れ歯は分厚いプラスチック樹脂しか使用が認められていない)を使うか、どれだけ精密にフィットする形態に仕上げるか、など工夫することができるため、保険の入れ歯とは全く異なる快適な入れ歯を作ることが可能になっています。

保険治療で作成した入れ歯

保険治療での入れ歯装着時

自費診療で作成した入れ歯

自費診療で精密に作られた入れ歯装着時

もちろん、薄く加工できる素材である金属を使うだけでも、上あごや、舌が接する部分の不快感を大幅に軽減できますが、当院では素材以外にも、型取りの精度や噛み合わせも重視しています。そうすることで、ポリグリップがないのにピッタリとフィットする入れ歯をお作りできるのです。

保険治療で作成した入れ歯装着時

保険治療での入れ歯装着時

自費診療で作成した入れ歯装着時

自費診療で精密に作られた入れ歯装着時

また、入れ歯制作の指揮・監督は歯科医師の仕事ですが、それと同等に大切なのが、歯科技工士さんの技術です。保険の入れ歯は材料や費用的な制約により、ハンバーガーや牛丼のようなファストフード的な作りにならざるをえませんが、自費の場合は、素材から吟味し、じっくり時間をかけて作り上げるため、保険のものとは同じ入れ歯と思えないほど、ご満足いただける入れ歯に仕上げることができます。

入れ歯の製作中

保険の入れ歯から自費の入れ歯に作り変えるためのご相談も行っておりますので、今お使いの入れ歯にご不満がある方は、ご予約の上、ご相談にお越しください。

料金表はこちら