メール受付

名古屋市八事駅の矯正治療・歯周病治療・インプラント治療

9:30~13:00/14:30~19:00
休診日:木曜・日曜、一般歯科は平日午後休診

スタッフ紹介

院長 高田 竜一郎

院長 高田 竜一郎

歯科医師 担当:矯正歯科・小児歯科

矯正歯科・小児歯科専門のクリニックで得た知識と経験を活かし、1本1本の歯の大切さはもちろんのこと、口の周りの筋肉バランスと歯並びの関係性や予防歯科の重要性などを1人でも多くの方に知っていただけるように日々努力し、治療に臨んでいます。

【経歴】

愛知学院大学歯学部 卒業

  • 日本矯正歯科学会会員
  • 近畿東海矯正歯科学会会員
  • 日本舌側矯正学会会員
  • 咬合育成ゼミナール修了

院長 高田 竜一郎のインタビュー

以前の私は、これまで小児の矯正を中心に診療してきました。その私が、弟である高田智史先生の患者さんを診はじめた頃のこと、「子どもと大人、口の中の状態はこれほどまでに違うのか」というのが率直な印象でした。
高田兄弟歯科は、私が矯正を専門とし、智史先生が一般歯科を専門としています。矯正専門のクリニックで勤務し、分院長を務めていた私にとって、一般歯科の患者さんを診る機会は開業まではほとんどありませんでした。 そのため、大人の患者さんに「なぜ奥歯が無いのか」「なぜ前歯に大きな虫歯ができるのか」ということに衝撃を受け、その原因を研究し始めました。

オーダーメイド型予防歯科

この子がこのまま大人になったら、という未来像が見えるようになりました。そこから生まれた取り組みが、従来型の画一的な予防歯科とは全く異なる、オーダーメイド型の予防歯科です。 歯の状態を無視して一律に同じ予防歯科を行ったら、合う子と合わない子が必ず出てしまいます。虫歯の多い子と一本も虫歯の無い子に同じことをやっても何の効果も発揮しません。検診の期間も1ヶ月半や3ヶ月など、状態に応じてきめ細かくプログラムを作成しています。

歯を並べるだけなら誰でもできる

矯正治療時には「MFT筋機能療法」という、頬や唇、舌などの筋肉のトータルバランスをとる治療法を行っています。アレルギー性鼻炎などにより口呼吸が続くと、歯が外に出てしまうこともありますが、MFTを行えば口呼吸を無理なく治療することも可能です。 そしてMFTの最大のメリットは矯正治療後の後戻りの防止なんです。筋機能が整っていると後戻りしにくくなる。「歯を並べるだけなら誰でもできる。そこにいい噛み合わせを作るのに技術が問われる」というように、筋肉のバランスにまで配慮するのが今日のスタンダードです。

(歯科マガジン「kamukamu vol.1」より抜粋)

副院長 高田 智史

副院長 高田 智史

歯科医師 担当:歯周病治療・インプラント・マイクロスコープ治療

高田兄弟歯科では子供から大人まで各分野専門のドクターが在籍し診療を行っておりますので、患者さんの様々なお悩みにお答えすることが可能です。また、日本世界を問わずセミナー、学会に積極的に参加しておりますので最新の治療をお受けいただけます。1本でも多くの歯を残せるよう治療させていただいております。

【経歴】

愛知学院大学歯学部 卒業

  • AAP (American Academy of Periodontology) 会員
  • AMED(Academy of Microscope Enhanced Dentistry) 会員
  • OJ正会員
  • 日本歯周病学会会員
  • 日本口腔インプラント学会会員
  • 日本顕微鏡歯科学会会員
  • 世界臨床レーザー学会(WCLI)認定医

副院長 高田 智史のインタビュー

2台のマイクロスコープがフル稼働

私が一番力を入れているのはマイクロスコープを使った診療です。マイクロスコープを2台導入しているのは全国でも珍しいと思いますが、常にマイクロスコープを使って診療できなければ、患者さんが気の毒だと思っています。よって当医院では保険・自費診療に関わりなく、必要に応じてマイクロスコープを使用しております。

医療者としての義務

私たちが目指すのは、患者さんの20年、30年先を考えた治療。一人ひとりにカウンセリングの時間を取り、ベストな治療を必ず提案するのも「医療者としての義務」だと考えるからこそです。かぶせものの治療時に矯正を併用したり、矯正の治療に歯周病やマイクロスコープを使った精密治療を組み合わせた治療も提供できます。
この歯科医院で治療をすれば、患者さんが二度と歯のことで悩まなくてもいい。日本一、世界一のレベルにするべく、今でも休診日には数多くの勉強会に参加して技術を磨いています。歯周病治療からインプラント、補綴(かぶせもの・詰めもの)まで幅広く学び続けています。

(歯科マガジン「kamukamu vol.1」より抜粋)

高田 真吾

高田 真吾

歯科医師 担当:矯正歯科・小児歯科

矯正治療は見た目だけの改善ではなく、咀嚼や発音といった機能を改善する役割もあります。また、成人の方においては歯周病治療のために矯正治療を行ったり、インプラント治療の前処置として矯正治療を行ったりと様々な分野と関わり合いがあります。歯並びでお困りの方1度是非ご相談ください。

【経歴】

日本歯科大学新潟歯学部 卒業

  • 日本舌側矯正歯科学会会員